お知らせ

・日本料理だしうまみ調味料の英語版本に掲載されました。

日本料理アカデミー発行の日本料理だしうまみ調味料の英語版に

Shoyu で丸中醤油を掲載特集いただきました!

IMG_20170321_0001

IMG_20170316_0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20170316_0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20170316_0004

 

 

 

 

・Gault &Millau Japon に推薦掲載されました。

フランスで最も影響力の強いレストラン格付け本、
Gault&Millau Japonが、今月15日に発売されます。

名誉ある本の限りあるページに丸中醤油が推薦掲載されました事、
ありがたくお受けいたしました。

12/1出版パーティーがあり、ご招待頂きました。
影響力のあるトップシェフが一同に会し、丸中醤油をご愛用の取引先
日本料理「龍吟」の山本征治シェフも、ゴーミヨで19/20点という高い評価
で受賞されていました。

20161206_015256350_iOS

20161206_015351343_iOS

 弊社は、海外3社日本1社の日本1社に推薦掲載されています。

Photo_2 オリジナル

Photo_5 オリジナル

IMG_0534

左が、丸中醤油取引先「日本料理龍吟」山本征治氏です。

 

 

 

 

 

● 掲載 近江国宝めぐり~滋賀県広報誌より

滋賀県の広報誌に丸中醤油が掲載されました。

~近江国宝めぐり~

彦根城/西明寺/金剛輪寺

湖東地域に点在する3つの寺院、「西明寺」「金剛輪寺」「百済寺」は湖東三山といわれ、紅葉の美しさで有名です。

北に足をのばせば国宝 彦根城、南にも永源寺など、めぐる楽しみは尽きません。

身も心も満たされる秋の湖東めぐりに出かけませんか?

無題

http://www.pref.shiga.lg.jp/feature/15_11/feature01/index.html

● 掲載 奇跡のシェフ 神尾「末期がん宣告を受けた俺が食べているもの。」

奇跡のシェフ 神尾シェフの本が出ました!!

「末期がん宣告を受けた俺が食べているもの。」

末期がん宣告から13年。オレがたどり着いた死なない理由。
長生きのための食材、調味料とは?末期がんだけど生きてるよ!

本を書くのは、2002年に末期がん宣告を受けた前橋市の料理人・神尾哲男さん。
「料理人ならではの方法でがんに向き合おう」と自分の体を使って試行錯誤、
2015年の今も元気に、自転車に乗って前橋の街を走りまわっています。
そんな神尾さんが末期がんになってから実践している調理法、おいしくやさしく、
健康に長生きするためのレシピを中心に本を制作。
https://greenfunding.jp/harebutai/projects/1309

 

奇跡のシェフ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神尾シェフおすすめ 手間ひま、丹精の結晶

  KAMIO'S RECOMMEND
    丸中醤油
■丸中醸造醤油 720ml
■杉樽三年熟成しょうゆ 720ml

Kamio

● ご案内 TBS夢の扉+丸中醤油ご紹介(1月10日)

あけましておめでとうございます。
皆様にご案内させていただきます。

1月10日(日)18時半~
TBS「夢の扉+」にて丸中醤油をご紹介頂きます。

お客様お一人お一人にお支え頂きこのような機会を頂く事に
なりました。心より感謝申し上げます。
よろしければどうかご覧下さいますようお願いします。

Ind

 

 

● 掲載 ROLA 小泉武夫先生が教える『発酵食品』

小泉武夫先生が教える
【 発酵食品 】の魅力と絶品

先人の知恵と技の集積ともいえる発酵食品。世界から注目を
集めている和食のなかでも、発酵食品は重宝されています。
今回は、発酵学の第一人者、小泉武夫先生に、その魅力と
オススメグルメを聞いてみました!

厳選食品7種類

hakkou food 01 丸中醤油
日本が誇る老舗の旨み調味料!

二百余年の伝統を受け継ぐ古式製法で育った「醸造醤油】は、
香りとさらりとしてコクのある旨みが特徴。蔵人の技はもちろん、
国の有形文化財に登録されている歴史ある醸造蔵に棲みつく
微生物(醸造菌)により、ここでしか作ることのできない貴重な
ものに仕上げられています。

丸中醸造醤油 1,296円(720ml)/丸中醤油

小泉先生のデータ220140710_0000

 

 

● 掲載 和楽

’ 蔵つき酵母とともに200年 ’ 丸中醤油の熟成醤油

暑さも寒さも自然のままに この風土と匠の手があってこそ

 

和樂表紙

和樂3 和樂4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和樂1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和樂2

● 掲載 monoマガジン

特集 日本人の調味料の基本

滋賀県 丸中醤油

丸中醤油 こいくち
______________________
焼き魚の脂を「旨味」へと昇華させる
至極の一滴!

色合いは鮮やかな黄金ブラウン。アタックに塩味が
キリッと立ち、豆や醪の多層的な旨味がじわじわと
広がる。かすかに感じられるクチナシの花や実のニ
ュアンス上品。バランスの良い味わいは、つけ醤油
としても、煮込んでも引き立つが、焼き魚に「ジュ
ッ!」とかけたら最高。秋刀魚の塩焼きに大根おろし
を、スペインはルエダの城でいただきたい。

Mono-5

 

 

Mono-1 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 掲載 nid うちの朝ごはん

うちの朝ごはん

Nid

 

 

Nid1

 

Nid1-1

● 掲載 マクロビオテック食材物語

「 世界一美味しくて、安全な調味料は、

こういう所で丁寧に造られているんですね。 」

キャプチャ

キャプチャ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプチャ3  キャプチャ4

 
キャプチャ5 キャプチャ6

● 掲載 料理王国

プロを刺激する「 日本の食材 」

醤油 丸中醤油

14031803

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14031802 

● 掲載 家庭の食育

服部幸應先生監修

『 家庭の食育 』特集

CCI20131127_0004

CCI20131127 CCI20131127_0001 CCI20131127_0002 CCI20131127_0003

● 掲載 SORA

季刊そらSORA2013梅雨号に 【丸中醤油】 が特集されました。

SORA 表紙

SORA1

SORA2

SORA3

SORA4
















● 掲載 マクロビオティック おいしく元気になるお買い物

9784774154275.MAIN.jpg

 

 

醤油 
___________________
日本が世界に誇る志高の調味料
___________________

日本人にはとても身近だからこそ、まず変えて欲しい調味料が醤油です。今では、材料が丸大豆、麦、塩のみの本来の「醤油」はたいへん少なくなってしまいました。
特に脱脂大豆由来、プラスティックや金属の樽での短期製法では、樽・蔵にすむ菌の数が比較にならないため、味も効能もまったく別物になってしまいます。醤油はあくまっで菌の豊富な「発酵食品」でなければなりません。
おいしいだけでなく、血液をきれいにし、免疫力を高めるなど、強い働きを本来持っているもの
などです。

 

 MacroP.32_33[ 丸中醸造醤油 ]


200年以上前の蔵で生きてきた菌と対話する職人さんの技が生むおいしさと効能は、私の「醤油」に対する認識を変えました。
いざ調理に使うとあくまでも素材を引き立て、自己主張しすぎない。
日本が世界に誇れる名醤油。

● 掲載 内田悟のやさい塾

 

繧・&縺・。セ_cov_s蜃コ遞ソ無題3

 

 

 

僕がお世話になっている調味料

調味料は、できるだけ自然な製法で作られているものを選んでいる。野菜の味わいを素直に引きだしてくれるからである。

 

丸中醤油

● 掲載 料理王国

S-料理王国表紙

 

 

 

 

 

決めては調味料にあり!

 

CHAPTER2   醤油

 丸中醸造醤油 720ml /1260円料理王国2



● 掲載 本当に大切にしたい日本のごはん

日本のごはん

日本のごはん2

 

調味料は妥協しないこと

醤油、酢、みりん、塩、これらの調味料を科学的につくられたものでないものに替えるだけで、素材の味が損なわれずにおいしくいただけます。周囲のお店でぜひ探してみてください。



ちなみに私自身は、一番おいしい調味料3点セットと自分で決めて長いこと愛用している品があります。



滋賀県愛知郡愛荘にある丸中醤油、

時間をかけ、材料を吟味し、伝統をしっかり守ってつくられており、私は芸術品だと思っております。

● 掲載 anan

Anan表紙


Anan3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滋賀県
_____________

『丸中醤油』の杉樽三年
熟成しょうゆ(蔵出)1470円
_____________

大切に育てられた味と香りが◎

「老舗の蔵で、古式製法により醸された醤油
を、さらに100年以上たった杉樽で3年熟成。
とても奥行きのある味わいです。」(コウさん)

● 掲載 お取り寄せ便利帳

CCF20120619_00001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CCF20120619_00000

 

 

 

 

 

自然の営みに任せた
古式製法でつくられる醤油濃口

丸中醤油 丸中醸造醤油


蔵にすみつく良質の醸造菌から生まれる長期熟成の醤油。時間をかけてゆっくり熟成させるので、香り豊かな醤油になる。濃口にしては色が薄いので、濃口、薄口の区別なく使用できる。旨みが強いので、使用量は少量で充分。

 

● 掲載 はまじのはじまり 浜島直子

古式製法
丸中醸造醤油
丸中醤油

刺身が大好きなので、おいしいしょうゆを常に探し求めてます。
最近加わったのが滋賀県産の長期熟成のしょうゆ。
まろやかで味が深くて、普通の刺身が高級な醤油に変身。

雑誌掲載表紙

ページの先頭へ

  • 丸中醤油株式会社
  • 〒529-1233 滋賀県愛知郡愛荘町東出229
  • TEL 蔵元:
    0749-37-2118
    事務所:
    0749-37-2719
    FAX:
    0749-37-4363
    MAIL:
    info@s-marunaka.com